2018-05-23

飲食業界の名門 、サイタブリア出身の2人がついに独立!曙橋に「Restaurant Cana-Cana」OPEN新店舗オープン

ソムリエの市川航司とシェフの緑川温がフレンチイタリアン「Restaurant Cana-Cana」を2018年4月20日に新宿区の曙橋でオープン致しました。

Restaurant Cana-Cana(レストラン カナカナ)東京都

洋食

なぜ今はじめるのか?

■自分だけのオリジナルコースがつくれる、新感覚のフレンチレストラン■

ミシュラン2つ星の名店からカジュアルガストロノミーまで、名だたる名店を世に送り出している(株)サイタブリア。そんな飲食業界の名門で研鑽を積み、このたび「Restaurant Cana-Cana」をオープンさせるのが、ソムリエの市川航司さんとシェフの緑川温さんです。本場フランスでの修行経験も持つシェフがつくる料理は、見た目の美しさもさることながら、徹底された素材選びから、お皿を提供するタイミングに至るまで、細部まで神経を行き届かせたこだわりの一皿ばかり。お客様は、旬ごとに変わる肉・魚料理と多彩な前菜やデザートの数々を好きな組み合わせでチョイスすることができ、その日の気分に合わせた、自分だけのオリジナルのコースを楽しむことができます。新宿からほど近く、隠れた名店の多い曙橋ですが、その中でも期待の新店と呼び声も高い注目のレストランです。

これがうちのこだわり!

■銚子“一山いけす”直送の鮮魚を味わえるのは都内でも数少ない名店のみ■

“魔法の水”をもつことで知られ、業界でその名を轟かせている銚子の “一山いけす”。魚のことを第一に考えた環境で休ませたこのいけすの魚は、これまで数々の料理人の舌を唸らせてきました。滅多に直接取引をしない“一山いけす”ですが、ここの魚に惚れ込んだシェフが、自ら銚子に足を運び直談判。その熱意と腕が認められ、特別に直接取引が実現しました。オープン時は、卵を使ったベアルネーズソースでいただく“スズキと帆立のムースのパイ包み焼き“ など、春先の旬の味覚を存分に味わっていただけます。

これからこうしたい!

■シェフが厳選した宮崎牛のステーキは、絶対に食べてほしい一皿!■

赤身なのにとろけるように柔らかく、旨味が強くてジューシー。そんな宮崎牛のステーキを、年中味わうことができるのもこの店の魅力の一つです。いつ来ても味わえるが故にリピート必至!マストオーダーな一皿となりそうです。多くの素材を吟味してきたシェフが “いいところばかりのお肉” と絶賛する宮崎牛のステーキを、赤ワインとあわせてご堪能下さい。

Restaurant Cana-Cana(レストラン カナカナ)

営業時間
■Lunch 11:30-13:30
 Dinner 18:00-21:00

■定休日
日曜日

■店舗情報
 □Facebook https://www.facebook.com/restaurantcanacana/
 □instagram https://www.instagram.com/restaurantcanacana/

他の記事を見る

Restaurant Cana-Cana(レストラン カナカナ) の最新ニュース