2018-03-15

酒屋直営だから安い! 100円から呑める店「立ち飲み こにし」が 荻窪にOPEN!新店舗オープン

元ラグビー日本代表のレジェンド〝小西義光〟が荻窪で立ち飲み屋「立ち飲み こにし」を荻窪でオープン致しました。

立ち飲み こにし東京都

和食

なぜ今はじめるのか?

■元ラグビー日本代表のレジェンド〝小西義光〟の店がOPEN!■

ラガーマンならその名を知らないものはいないといわれる、ラグビー界のレジェンド小西義光さん。そんな伝説の人物が、この度、荻窪に “せんべろ”酒場「立ち飲み こにし」をオープンしました。

小西さんは、サントリーラグビー部日本代表で活躍し、サントリー退社後は企業のラグビーコーチを務めた後酒屋へ転身。現在は酒屋業に専念しています。

これがうちのこだわり!

そんな小西さんが営む「立ち飲み こにし」は、酒屋直営ならではの安さが魅力。店内に設置されたセルフサービスの自販機には、金宮(\100)ビッグマン(¥100)鍛高譚(\200)黒霧島(¥200)トリス(\100)サントリー角(\200)の文字が並んでいます。

ここでお好きなお酒を注いだら、小西さんのいるカウンターで今度は割りものを選ぶというスタイル。割り物も、懐かしのコダマシリーズ(¥200)やホッピー(¥250)バイス(\200)など充実のラインナップで、もちろん生ビール(¥300)や純米酒(¥300)、ワインやソフトドリンクも揃っています。

これからこうしたい!

■寒い冬には、小西さんがつくった「牛すじ煮込み」と「おでん」で一杯!■

小西さんが腕によりをかけて作ったおつまみメニューは、マカロニサラダ(¥200)とりのから揚げ(4個 ¥300)まぐろぶつ(\300)など、立ち呑みで食べたい定番のものが勢ぞろい。すべて¥150~¥300と、お酒と合わせても千円札一枚ですんでしまう、まさに“せんべろ”価格なんです。

中でも白みそをベースにした、特製牛すじ煮込み(¥300)は、小西さん一押し。また、透明感ある関西風だしが決め手のおでん(一品¥100)は冬のみ食べられる限定料理です。この二品はマストオーダーアイテム!

荻窪駅北口を出て、教会通り商店街の一角にある「立ち飲み こにし」は、仕事帰りの一杯や、飲み会の2軒目、バス待ちのちょっとした時間などにも使えて便利です。

立ち飲み こにし
  • 東京都杉並区天沼3-3-11 サンパティーク荻窪101
  • 03-6279-9507

■営業時間
16:00-23:00

■定休日
日、祝日

他の記事を見る

立ち飲み こにし の最新ニュース