2018-03-02

生産者とのつながりを大切に、食材にこだわった創作ダイニング「鮮魚Dining PONTUS 月島」2.26(月)にOPEN!新店舗オープン

株式会社フロンティアスピリットは生産者との繋がりを大切にした飲食店を出したいという思いから、2月26日(月)に中央区の月島で鮮魚をメインに扱うダイニング「鮮魚Dining PONUS 月島」をオープン致しました。

鮮魚Dining PONTUS 月島 (ポントス) 東京都

和食

なぜ今はじめるのか?

■門仲「和心」が初の鮮魚に挑む!■
■自ら生産過程に立合った厳選素材が夢の饗宴■

素材の旨みが活きた創作料理で高い支持を得ている門前仲町の隠れ家「肉菜処 和心」。同店を運営する(株)フロンティアスピリットが、2.26(月)、月島に鮮魚ダイニングをオープンします。ギリシア神話の海神からその名をとった「ポントス」では、石川県 能登半島の漁師さんから仕入れた鮮魚を中心に、京都美山のジビエ、静岡県富士宮の無農薬野菜など、オーナー自らが生産過程に立ち合い、信頼を寄せた生産者から直接仕入れた選りすぐりの食材が揃います。またそれを調理するのは、パリの懐石料理店で和食の基礎を学び、数々の店で料理長を務めてきた凄腕シェフ。和をベースに様々な要素を取り入れたバリエーション豊かな創作料理の数々をお楽しみください。

これがうちのこだわり!

■魚を漁る苦労まで皿の上にのせる!■
■野菜は“土の香り”まで味わってほしい。■

「魚は漁の苦労までを皿の上に」「野菜は土の香りまで楽しんでいただけるように」というシェフの言葉にも表れているように、生産者との繋がりを大切にし、スタッフ全員が素材の生産過程を身体で学んでいる同社ならではの哲学は、まっすぐ料理へと反映されています。 そんな「ポントス」のメニューは「鮪とサーモンのユッケ」や「白子のグラタン」など、新鮮な海の幸を味わえる一皿はもちろん、鉄板で提供されるアツアツの“鹿つくね”や、“鹿カツ”といった珍しいジビエの逸品も。そして自慢の鮮魚は是非、その日その時の旬がつまった「刺し盛り」で味わって!

これからこうしたい!

■日本酒・ワイン・地ビールなど 多彩なドリンク揃う■
■ワインだけでも30種類のラインナップ!■

日本酒の甘口、辛口といっても人によって感じ方は様々なように、それぞれの味覚に合わせて自由にお酒を楽しんでもらいたいという気持ちから、「ポントス」では日本酒・ワイン・クラフトビールを中心に様々なお酒を取り揃えています。その量、ワインだけでも常時30種!お客様のお好きなように、料理とのペアリングを楽しんでください。

鮮魚Dining PONTUS 月島 (ポントス)
  • 東京都東京都中央区月島2-10-1  ムーンアイランドタワーB1
  • 03-5547-4220

■営業時間
17:00~23:00(L.O.22:00)

■定休日
無休

他の記事を見る

鮮魚Dining PONTUS 月島 (ポントス)  の最新ニュース