2018-03-01

今、焼肉業界を席捲中の「さすらいのカンテキ」が「さすらいのカンテキ 」として高円寺にOPEN!新店舗オープン

株式会社ワンダーグリルがA4ランクの和牛を扱う焼肉店「さすらいのカンテキ<TOKYO>」を2017年11月22日に高円寺で新店オープン致しました。

さすらいのカンテキ東京都

焼肉・ホルモン

なぜ今はじめるのか?

■関西の立ち食い焼肉チェーン「さすらいのカンテキ」が■
■さすらいのカンテキ に生まれ変わって登場!■

関西を中心に9店舗展開し、今、焼肉業界を席捲している「さすらいのカンテキ」。なんと今回は、そのブラッシュアップバージョンとなる「さすらいのカンテキ<TOKYO>」が高円寺にオープンしました!  
(株)ワンダーグリルが手掛ける記念すべき1号店は、A4ランク以上の良質な焼肉をリーズナブルにという本来の特徴はそのままに、従来の「さすらいのカンテキ」にはない新メニューもたくさんとりそろえ、女性一人でも気軽に楽しんいただける新感覚の焼肉屋になっています。是非、七輪(関西弁でカンテキ)で焼く新鮮な肉や野菜を、ラグジュアリーな店内でお楽しみください。

これがうちのこだわり!

■“さすらいの五種盛り”と“南国フルーツポーク”はマスト!女性に嬉しい、カラフルな“焼き野菜”も■


ここに来たらまず頼みたいのが、カルビ・ハラミ・ホルモン三種が盛合せになった “さすらいの五種盛り”。 A4ランク以上の肉しか使わないためその肉質は言わずもがなですが、210gのボリュームで1,462円というお値段も嬉しいです。

そんな「A4ランクの牛に負けないくらいおいしい豚」と店長さんが絶賛するのが、もう一つの名物“南国フルーツポーク”。フルーツやヨーグルトを飼料に育てた豚だから、グルタミン酸やアラニンはなんと通常の数十倍!柔らかく甘みのある南国フルーツポークは、京都の九条ネギとポン酢の特性ダレでさっぱりとお召し上がりいただけます。
 
その他、女性に嬉しい“焼き野菜”は、80円からそろい、紅芯大根やバターナッツカボチャなど、オーガニックのものを中心に使用。肉だけじゃない、全ての食材に行き届いた
こだわりこそが、「さすらいのカンテ
」クオリティなのです。

これからこうしたい!

■升からこぼれ落ちる“さすらいの 泡”など、焼肉をおしゃれに楽しめるドリンクも充実!■

焼肉屋と言えば、ビールやハイボールなどのイメージが強いですが、「さすらいのカンテキ<TOKYO > 」では、女性にも気軽に焼肉を楽しんでいただけるようにと、ドリンクにも嬉しいひと工夫が施されています。升の上にワイングラスを置き、こぼれ落ちるまでそそぐ “さすらいの泡” をはじめ、定番のハイボールにはオレンジの果肉が添えられるなど、女性心をくすぐるちょっとした演出も嬉しいです。

この高円寺1号店を皮切りに、「さすらいのカンテキ」は、日本全国に店舗を拡大していく予定とのこと。目標は5年で100店舗!今後の展開にも期待が高まります。

さすらいのカンテキ

■営業時間
Lunch 11:30〜14:30
Dinner 17:30〜23:00

■店舗情報
Facebook https://www.facebook.com/sasurai.tokyo.ko/

他の記事を見る

さすらいのカンテキ の最新ニュース