2017-12-26

今注目の「アボカドポーク」にこだわった「とんかつ割烹 とうや」が八丁堀にOPEN!新店舗オープン

 株式会社とうやフードサービス(代表:浦東琢也、所在:東京都中央区八丁堀)は、じわじわと注目をされている話題のヘルシー豚肉〝アボカドポーク〟をもっといろいろな方に知っていただけるような仕組みを作りたいと考え、和食一筋40年の板長が和食の粋を集め腕を揮うとんかつ・和食料理店「とんかつ割烹 とうや」を12月11日(月)に中央区の八丁堀でオープンしました。

とんかつ割烹 とうや東京都

和食

なぜ今はじめるのか?

■柔らかい肉質、ジューシーな肉汁、豊富なオレイン酸旨みがたっぷりつまったアボカドポークが主役のお店です。■

 アボカドオイルを飼料に混ぜて育てられたアボカドサンライズポークは、その柔らかい肉質、ジューシーな肉汁、豊富なオレイン酸で、食べ応え充分なのにヘルシーな豚肉として、今じわじわと人気を集めています。良質な旨みや栄養価は、イベリコ豚を超えた!との呼び声も高く、TV取材をきっかけに、評判・認知度ともに高まっている、今注目の豚肉なんです。そんなアボカドポークを世の中に広めるべくオープンするのが、八丁堀の「とんかつ割烹 とうや」です。生産者であるサンライズファームの強力なバックアップのもと、自らがアボカドポークの代理店も兼業するオーナーが始める店だから、アボカドポークの魅力を存分に味わうことができるんです。



✔バークシャー種の黒豚と衛生的環境で育ったSPF豚を使用
✔75%がオレイン酸のアボカドオイルで育てたから栄養価はイベリコ豚以上!
✔豚にストレスを与えない「新しい放牧養豚」で柔らかい肉質に!

柔らかく肉汁豊富な赤身と、さらりとして甘みのある上品な脂身が実現

これがうちのこだわり!

■豚ランプを「とんかつ」で味わえる、数少ない店。■

 是非味わっていただきたいアボカドポークのとんかつは、ロース、ヒレ、ランプがそろった全6種類。牛とは違い、豚肉は細かい部位ごとに仕入れることが難しいため、都内広しといえども、ランプをとんかつで味わえるお店は限られています。

 また通常のランプと違って、アボカドポークのランプは柔らかく、臭みもいっさいありません。ロースとヒレのちょうど中間のような味わいともいわれるランプ。その類まれなる味を、是非ご賞味ください。

 そしていろいろなお肉の味を楽しみたいという方には、2~3種類のとんかつを食べ比べることができる「本日の盛り合わせ」がおススメです。特製ソースはもちろん、オーナーが厳選した、九州の刺身醤油、長崎の焼塩、きざみ山葵など、お好きな調味料と一緒にどうぞ。

これからこうしたい!

■和食一筋40年の板長が腕を振るう 夜の「とうや」は、季節の一品料理でお酒もすすみます!■

 「とうや」のもう一つの特徴は、和食一筋40年の板長がつくる、夜限定の一品料理の数々です。四季折々の食材を使って、春夏秋冬で変わる多彩な料理を、是非お酒と一緒にお楽しみください。冬のメニューは、「アボカドポークと下仁田ネギ焼き」や「アボカドポークの角煮」などのほか、本日のお造り・焼き物・煮物・酢の物が日替わりで登場!

 もちろんとんかつは昼夜問わずお楽しみいただけます。

とんかつ割烹 とうや

■営業時間
昼 11:00-15:00(L.O.14:30)
夜 17:30-22:00(L.O 21:30)

■定休日
土曜日夜、日曜、祝日

他の記事を見る

とんかつ割烹 とうや の最新ニュース