2017-12-30

お酒と食事と音楽で、人と人を緩やかにつなげるアットホームなBAR「HICOTTO(ヒコット)」が明大前にOPEN!新店舗オープン

現役バンドマンでもあるオーナーは、ドラマ「HERO」に出てくるSt.George’s Tavernのようにどんなオーダーにも応えられるようなバーを作りたいという思いから、世田谷区の明大前駅でバー「HICOTTO(ヒコット)」を12月1日(金)いオープンしたしました。

HICOTTO(ヒコット)東京都

洋食

なぜ今はじめるのか?

■オールラウンドなバー「HICOTTO(ヒコット)」店内にはドラムセットも!オーナーは現役バンドマン■

 明大前の甲州街道沿いの並木道にOPENした「HICOTTO」は、お酒をメインに、食事も楽しんでいただけるオールラウンドなバー。店内にはスカ、レゲエ、時々パンクといったアッパーな音楽が流れ、深夜でも気分を盛り上げてくれます。

 ゆくゆくはこの場所で、アコースティックなライブなども開催していきたいと話すオーナーは、都内でバンド活動もしている現役ドラマー。店内にはひときわ存在感を放つドラムセットが置かれています。

これがうちのこだわり!

■目指すは、ドラマ『HERO』にでてくるBAR「St.George‘sTavern」!!■

 あくまでもお酒がメインと話すオーナーですが、パスタやシンガポールチキンライス、フグの塩辛、菊川そうめんなど和洋中からエスニックまでカバーする多彩なフードメニューを見逃すわけにはいきません。山口県下関市の地元で漁師をしているお父さんが、不定期で送ってきてくれるという新鮮な魚介類を使った料理も不定期で提供する予定。

 少し前の話になりますが、木村拓哉・松たかこ主演のドラマ「HERO」にでてくる「St.George‘sTavern」というバーをご存知でしょうか。どんなオーダーにも「あるよ」で応える田中要次扮するバーのマスターは「鯖定食」「梅がゆ」韓国納豆汁「チョングッチャン」など、オーダーがあればバーに似つかわない料理も必ず出してくれる凄腕マスターなんです。

 そんな姿を自身の理想に掲げるオーナーだから「お客さんの要望には極力応えていきたい」と密かにメニューにない食材もストックしているのだとか。深夜に急に何かが食べたくったら、ちょっとワガママを言ってみるのもおススメ。
 すべての要望には応えられなくても、明るく懐の深いオーナーが(余裕があったら)何か作ってくれるハズです。そしてそんなアットホームさこそが、HICOTTOの一番の魅力なのです。

これからこうしたい!

■100種類を超えるお酒のラインナップ世界各国のビールも充実!■

 店内にずらりと並んだお酒は100種類を超えるラインナップ。オーナーのビール好きが高じて、ヒューガルデンホワイト(ドイツ)、モレッティ(イタリア)、エストレーラガリシア(スペイン)、イエヴァーピルスナー(ドイツ)など各国の珍しいビールもボトルでそろっています。オーセンティックなカクテルから焼酎、ワインなども充実!是非マスターとの会話を楽しみながら、HICOTTOで素敵な夜をおすごしください。

HICOTTO(ヒコット)

■営業時間
[月~土]
Dinner 18:00-翌3:00

■定休日
日曜日

■店舗情報
Facebook:https://www.facebook.com/hicotto/

他の記事を見る

HICOTTO(ヒコット) の最新ニュース