2017-12-06

本格的な鉄板焼きと日本酒の店「鉄板焼 焔EN」が10 月12日に池袋にOPEN!新店舗オープン

 本格的な鉄板焼き料理と厳選された日本酒をリーズナブルな価格で楽しむことのできる「鉄板焼 焔EN」が10月12日に池袋でオープンしました。

鉄板焼 焔 EN(てっぱんやき えん)東京都

洋食

なぜ今はじめるのか?

 池袋駅から徒歩5分の繁華街のビルの2階にオープンした「鉄板焼 焔EN」は、フォアグラ、オマール海老、サーロインステーキなどの高級食材など、旬の食材を目の前で焼いてくれる鉄板焼き専門店です。

 人気店で研鑽を積み、利き酒師の資格も持つオーナーが営む店だから、蔵元やワイナリーに直接足を運んで選び抜いた珍しい日本酒やおいしいワインとのペアリングも楽しむことができるんです。

これがうちのこだわり!

 メインとなる活けオマール海老は、身がぎっしりつまったカナダ産。独特のクセがあり好みがわかれるメスを避け、「焔EN」ではオスだけを仕入れるよう徹底しています。見た目が美しく、身がぎっしり詰まっているのはそのためなんです。上にかけられた自家製ソースも、オマール海老とその殻で出汁をとったという贅沢さ。そんなこだわりの逸品も、できるだけカジュアルに楽しんでいただきたいと、価格もリーズナブルに抑えてあります。

 柔らかなお肉の食感と、しっかりした脂の旨みが特徴のA5ランクの和牛サーロインステーキもマストでオーダーしたい一品。このステーキが入ったコースは3種のアミューズや旬の魚の鉄板焼き、ガーリックライス等がそろって7,000円~。オマール海老とサーロインステーキの両方をセットで味わえるコースは9,000円~。

 和モダン空間で厳選された食材を味わう贅沢は、誕生日や結婚記念日など、特別な日にもぴったりです。

これからこうしたい!

 「焔EN」のもう一つのテーマは日本酒です。久保田や獺祭などメジャーどころもきちんと押さえつつ、利き酒師だから仕入れることのできる、珍しいお酒もセレクトされているので、まだ見ぬ日本酒との出会いも楽しみの一つ。

 日本酒だけでも常時30種は超えるというラインナップの中でも、シャンパン感覚で楽しめる日本酒「 水芭蕉ピュアスパークリング」は一口飲んだら「これが日本酒なの?!」と自分の舌を疑ってしまうほどの驚きがあり、どんな料理にも合うオーナーおすすめの一本です。

鉄板焼 焔 EN(てっぱんやき えん)
  • 東京都豊島区池袋2-4-3 江戸半第3パレス 2F
  • 03-6915-2290

■営業時間
[月~土・祝]17:00~22:00

■定休日
日曜日

他の記事を見る

鉄板焼 焔 EN(てっぱんやき えん) の最新ニュース