2017-11-28

本格タイ料理がリーズナブルに食べられる「カンラヤ タイ料理」が 大宮に移転OPEN!新店舗オープン

 オーナーシェフであるヘンゲオ・カイチャコーンは、末広町で営業をしていた本格的なタイ料理が食べられる「カンラヤ タイ料理」を11月6日に大宮で移店オープンを致しました。

カンラヤ タイ料理(KANLAYA CUISINE) 埼玉県

エスニック料理

なぜ今はじめるのか?

 末広町の名店「カンラヤ タイ料理」が、11月6日に大宮に移転OPENしました。

 オーナーシェフのヘンゲオさんは、タイ料理店を営む両親のもとで生まれ育ち、物心ついた頃からタイ料理に親しんできたそうです。そんな環境で育ったため、必然的に料理に興味を持ち、勉強をしてからタイの日本企業で料理人として勤務。タイでも自店を開業した経歴をの持ち主です。

 6年前に来日し、末広町に開いた同名のタイ料理店は、食べログスコア3.5超の人気店にまで成長しましたが、もう少しのびのびと経営に専念できる場所を求めて、大宮への移転を決めたそうです。新生「カンラヤ」は、名店の味はそのままに、よりアットホームな空間に生まれ変わりました。

 大宮はヘンゲオさんが最初の来日時に住んでいた場所とのことで親しみもひとしお。店内に満ち満ちたフレンドリーな雰囲気は、おおらかなヘンゲオさんの人柄のなせる業なのかもしれません。

これがうちのこだわり!

 グリーンカレーやトム ヤム クンなどのお馴染みの料理から、お酒のおつまみにぴったりなエビのすり身上げまで、幅広い料理が70種以上も揃うグランドメニューは、すべてヘンゲオさんの手作り。今回は、その中でも特におすすめな2品をご紹介します。

■カオ オップ サッパ ロッド(タイ風パイナップルチャーハン)
 南国のプールを彷彿とさせるパイナップルのお皿にのったチャーハンは具材にもパイナップルが入ったほんのりカレー風味。カシューナッツとパインの食感のハーモニーを是非楽しんで!

■プー ニム パッ ポンカリー(ソフトシェルクラブのカレー炒め)
 イエローカレーをベースに、玉ねぎ、卵、セロリ、ピーマン、ソフトシェルを炒めたもの。卵がマイルドにしてくれるので、見た目に反して辛さは強くないのが特徴。あとからピリリとくる適度な辛さはタイ料理ならでは。ご飯と一緒に食べても、お酒のつまみにしてもよいそうです。

これからこうしたい!

 ランチタイムは、人気のガパオライスやカオ マン ガイ、そしてタイの焼きそばパッタイなど全9種類のメニューにライス・スープ・サラダ・デザートがついて880円とリーズナブル。準備が整い次第、テイクアウトのお弁当(\650)も近日販売予定だそうです。

カンラヤ タイ料理(KANLAYA CUISINE)
  • 埼玉県埼玉県さいたま市大宮区土手町2-2-1 土手町2丁目店舗 2F
  • 048-856-9197

■営業時間
[月~土]
Lunch  11:00-15:00(L.O.14:30)
Dinner 17:00-23:00(L.O.22:30)

■定休日
日曜日

他の記事を見る

カンラヤ タイ料理(KANLAYA CUISINE)  の最新ニュース