2017-10-31

総州古白鶏をあますことなく食べつくす「やきとり処とりちょう」10月2日 錦糸町にOPEN!新店舗オープン

 オーナーである王 超(おうちょう)は、ライフイベントのためやむを得ず撤退を余儀なくされた飲食業界で、あらためて自分のお店を持ちたいという強い思いを持ち、鶏料理に特化した居酒屋で勝負をしたいと考え、ブランド鶏〝総州古白鶏〟を用いた鶏料理を主体に提供する焼鳥居酒屋「やきとり処 とりちょう」を10月2日(月)に錦糸町でオープン致しました。

やきとり処 とりちょう東京都

和食

なぜ今はじめるのか?

 もともと大塚で「鳥超」というお店を経営しておりましたが、子供が生まれることとなり、安定した生活を得るため、一度閉店することに致しました。
 今年に入り、家庭も落ち着き徐々に地盤が整ってきたため、改めて飲食業界での挑戦が可能となりました。

 また、料理はブランド鶏〝総州古白鶏(そうしゅうこはくどり)〟を用いた、鶏料理に特化いたします。専門性の高い料理を提供することで、目的地としてご利用いただけるようにしていきます。

これがうちのこだわり!

 新鮮だからこそ味わうことのできる「白レバー叩き刺し」は、炭火で少し炙ってから熱々を切って提供するのがとりちょう流。そうすることで炭の香りがほのかなアクセントになり口の中に広がります。
 また通常の倍はあるというビックサイズのつくねも必食。せせりや皮など鶏の5つの部位をブレンドしたオリジナルの配合がジューシーさの決め手です。
 そして、店長が自身をもってお勧めするオリジナルのもつ煮込みは、もつ煮が苦手な人にも是非食べてもらいたい一品だそう。味噌とニンニクベースをベースに、キンカンなど数種の部位を長時間煮込み、臭みを最小限に抑えているそうです。

 「とりちょう」では、何を頼むか迷ってしまうという方に、お得なコースメニューも用意しています。前菜3点、地鶏もつ煮込み、串焼き6本、鶏スープがついて1800円というお値段も嬉しいですが、コースの串焼きも一本ずつ焼きたてを提供してくれるというきめ細やかなサービスにも感動です。前8席のアットホームな店なので、カウンターごしで串を焼く店長さんとの会話も楽しめます。

これからこうしたい!

 あまりメニューなどは幅を広げていかず、今あるものを少しずつ変化させていこうと考えています。人気のあるメニューやよく注文いただける料理の定番化はもちろん、他のメニューとの調整をしたりと、お客様を飽きさせずに楽しんでいただけるように努力していきます。

 また、常連のお客様を増やしていき、周辺だけでなく、エリアで支持をされるナンバーワンのお店にしていきたいです。

やきとり処 とりちょう

■営業時間
Lunch 11:30-15:30
Diner 17:00-22:00

■定休日
木曜日

■店舗情報
Facebook https://www.facebook.com/やきとり処-とりちょう-錦糸町店-126347418095667/
Twitter https://twitter.com/yakitoritoricho

他の記事を見る

やきとり処 とりちょう の最新ニュース