2017-10-31

10種類以上の生パスタから選べる「Osteria Pinocchio(オステリア ピノッキオ)」10月23日(月)四ツ谷にOPEN!新店舗オープン

 都内で飲食事業の展開をする有限会社SECRET BASE(所在地:東京都渋谷区千駄ケ谷/代表取締役:山本雅也)は、日本ではまだまだなじみの薄いイタリア各地の地方料理を、もっといろいろな人に広く知ってもらいたいという思いから、イタリアン酒場「Osteria Pinocchio(オステリア ピノッキオ)」を10月23日(月)に四ツ谷でオープン致しました。

OSTERIA PINOCCHIO(オステリア ピノッキオ)東京都

洋食

なぜ今はじめるのか?

 すでに日本では広く認知され、日常食となったイタリアン。日本人の中で浸透しきっているといっても過言ではないイタリア料理ですが、まだ知られていない料理がたくさんあります。
 たとえば、エミリア地方やリグリア地方といった、日本ではなじみの薄い各地方都市にも、地元ならではの家庭料理やソウルフードなど、日本人に合うおいしい料理がまだまだあります。

 そういったイタリア各地の地方料理のメニューをバリエーション豊かに取り揃えることで、料理を召し上がっていただき、知ってもらいたいという思いから、「Osteria Pinocchio(オステリア ピノッキオ)」を9月23日(月)に四ツ谷でオープンすることといたしました。

これがうちのこだわり!

 ランチ激戦区でもあるこのエリアですが、手打ちパスタ、前菜、サラダ、メイン、スープ、デザート、ドリンクがそろって1000円(税込)というランチは、このエリアのOLさんたちの心をがっちりつかんでくれること間違いなし。大きな銀プレートにすべての料理が盛り付けられた状態で提供されるので、忙しいランチタイムにもぴったりです。

 ランチにも含まれる手打ち生パスタは、イタリア料理を得意とする店長 新宮孝史シェフオリジナル。ずっと研究を重ねてきたというシェフの料理への想いがこめられた麺は、スパゲッティ、ラビオリ、キャンディパスタ、ピチ、ニョッキと様々な種類があり、トマトやイカスミを練りこんだものなど、目にも鮮やかです。パスタの種類は常時10種類以上あり、毎日通っても飽きません。とりわけ、もちもちのパスタ“ピチ”をオリーブオイルベースのソースに合わせた「カニと菜の花のパスタ」は、シェフ一押しだそう。

これからこうしたい!

 すでに日本では浸透しているイタリア料理ですが、実はまだまだ広く知られてない料理がたくさんあるんです。Osteria Pinocchioでは、おなじみのジェノバやナポリはもちろん、エミリア地方やリグリア地方といった、まだまだ日本人にはなじみの薄い、イタリア各地の地方料理をバリエーション豊かに取り揃えています。もちろんワインとのペアリングもばっちり!

OSTERIA PINOCCHIO(オステリア ピノッキオ)

■営業時間
Lunch 11:30~14:30(L.O.14:00)
Diner 17:30~23:00(L.O.22:00)

■定休日
日曜日

■店舗情報
Facebook  https://www.facebook.com/osteria.pinocchio
Twitter  https://twitter.com/428pinocchio
instagram https://www.instagram.com/osteria.pinocchio/?hl=ja

他の記事を見る

OSTERIA PINOCCHIO(オステリア ピノッキオ) の最新ニュース